広告の新時代

広告についてならリスティング代行を業者にお任せしてみてはいかがでしょうか。専門知識を持っている業者に依頼するのが1番ですよね。
EMA認定を習得したいという方にこちらのサイトがわかりやすくてオススメですよ!!

広告が効かない時代だと言われています。
何をいきなりと言われるかもしれませんが、これは確かなことです。マーケティングをしっかりとやって、ターゲットを絞って、長い時間をかけたCMも無為に終わるのも別に珍しい話ではありません。これは古い話ですが、年間に流れるCMの数は130000本と言われています。これを実際に見るのは、13000本で更にその中で印象に残るのはせいぜい3、4本程度です。
ただでさえそのような熾烈な競争の中を、今はさらに効かなくなってきているのです。

それは、インターネットの台頭です。インターネットの出現によって、徐々にレガシィメディアの情報支配力が低下してきいます。つまり、マス広告をかつての4大マスメディア(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌)で打っても、そんなに見てくれる人はいなくなってしまったのです。

これが何を意味するかというと、日本においても長い間、マスマーケティング時代が続いてきましたが、とうとうワン・トゥ・ワンマーケティングの時代になったのです。インターネットによって、より個人同士が繋がる時代になったのです。
このような時代の広告がどうあるべきかというと、1つの答えがあると思います。ダイレクトレスポンスです。ダイレクトレスポンス広告としては、インタネットFAXの広告がオススメです。なぜなら、インターネットFAXでDMを打てば、経費の節減になるからです。また、インターネットFAXなら、一斉送信も可能なので送ることも非常に簡単です。
インターネットFAXを使えば、通信費から送信先の紙とインクを拝借して広告が打てます。よりきめ細かいマーケティングを打つ上でも、インターネットFAXの活用は必須です。

2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし