EMA取得で安心サイト│会社健全化マニュアル

女性

サイトの健全化のために

オフィス

未成年者に有害なサイトかどうか判断するEMAというフィルタリングがあります。投稿できるSNSやブログなどでは、EMAの認定を受けているということが、サイトの健全性を表します。

View Detail

機器での対策

システム

脆弱性対策を行なうにあたり、専門の設備を投資するという方法があります。様々な施策方法がありますが、一番効果的なものが、不正の接続が合った場合はシャットダウンするという方法です。

View Detail

一気に見積もりを取る

パソコン

ISOのコンサルティング業者は、様々な所があります。いくつかの会社を比較して見積もりを取りたいという場合、一括の見積もりサイトを利用していきましょう。コストだけでなくサービス内容も比較していくことも大切です。

View Detail

フィルタリングを外す

システム

ブログや画像投稿ができるSNSのサービスは普及しており、様々な人が利用しています。このように、投稿機能があるSNSは、原則として監視対象になり、フィルタリングがかけられ未成年者が閲覧できないようになることが多いです。なぜなら、未成年同士でのトラブルや犯罪につながることや、有害な情報を閲覧することで、健全な育成が出来ないという側面があるからです。コミュニティサイト以外にも、ギャンブルや成人嗜好のサイトなどもフィルタリングで規制されます。フィルタリングの規制を外すには、EMAの認定を取らなくてはなりません。EMAの認定は、様々な項目があり、完全に管理されていることを証明できて初めて取得することが可能です。

EMAの認定を取る際には、掲示板やブログ、動画や画像など様々な情報をチェックしなくてはなりません。自社で提供しているサービスの全てを管理することが必要になるので、大きな手間がかかります。その際には、運営をアウトソーシング化し、外部に監視を委託するという方法もあります。外部の企業は、日本内のEMAの基準だけでなく、外国の基準もクリアしている所があります。外国の基準では、日本の基準とは異なる監視を行なうことが必要になります。外部の委託会社は、様々な基準について熟知しています。外国向けにサービスを提供しているというのであれば、一から審査基準を勉強するよりも、外部にアウトソーシングを依頼したほうが早くて確実です。効率的に、外部の会社も利用していきましょう。